コンサルティングに聞けば怖いものなし|医療を経営するにあたって

機能は用途に絞る事

レジスター

最近の機種は多機能

店舗を経営する際に必要になるのがレジスターです。レジスターは、店舗の会計を行うためには必要不可欠な道具になります。レジスターにはさまざまな種類が出回っています。新しく導入する前にそれぞれの機能の特徴や、使い勝手を見ておく必要があります。最近の流行はPOSシステムを搭載したレジスターになります。これは、販売管理などを行うに適したものになります。インターネット回線を通じて販売情報を集約することができるようになっています。複数店舗などを持っている場合には、効果的に情報を集約することができるメリットがあります。複数店舗だけでなく、一店舗でも販売管理だけでなく、コスト管理や仕入れ管理、従業員の勤怠管理などの機能も付いているため、使い勝手は良いものになります。デメリットは、価格です。レジスター本体に専用のPOSシステムが搭載されているものはより効果になります。パソコンなどに接続するものは安くなりますが、釣銭管理などの機能がついていないため、セキュリティ上の工夫が必要になります。またタブレットなどの簡易端末を用いてPOSシステムを利用する方法もあります。コスト的には、一番安くなりますが、使い勝手に難がある場合もあるため、実際にテストしようなどをしてみる必要があります。集計システムなどの導入も同時に行わなければならないため、総合的なコストを見比べて導入の判断をすることが大事なポイントになります。レジスターは年々進化しているのです。