コンサルティングに聞けば怖いものなし|医療を経営するにあたって

将来性の高い新興国です

女性

法的手続きの複雑な国です

東南アジアにあるインドネシアは、世界第4位の人口を抱える大国です。アジア圏の新興国は経済成長に対して高い関心が集まっているなかで、政治情勢が不安定な場合が少なくありません。しかし、近年のインドネシアは、国情が比較的安定しています。そのため、少子高齢者社会の進展で将来的な人口減少が懸念されている日本からは、企業の進出先として選ばれれている国の一つです。ただし、インドネシアへビジネス目的で進出する際、法的整備は必ずしも十分ではないことに注意が必要です。したがって、スムーズな企業進出を実現するために、専門企業のコンサルティングを受けることが一般的です。コンサルティング会社は依頼企業の状況に合わせて総合的なサポートを行うことが基本事業ですから、リスクを大幅に減らすことができます。コンサルティング会社は、国事で専門事業にしていることが一般的です。そのため、最初にインドネシア専門の事業者を探して、依頼することから始まります。次に、コンサルティング会社に依頼目的を説明して、交渉を重ねます。専門知識を備えた観点から事業目的の具体化や修正を行う一方で、実現するための問題点を明確にしていくことができます。一定の事業計画を立案できると、現地情報の収集等と並行して協力企業を紹介されます。国情に関わらず、現地の人脈や環境を利用できる方が有利だからです。その結果、協力企業を加えた協議を続けて、最終的な計画を実行に移すと基本的な依頼内容は完了です。